少額訴訟という債権回収の方法は、一日で審理と判決の出る訴訟制度なので、ここで敢えて弁護士に相談する必要があるのかということも考えてしまうかもしれません。少額訴訟は自身で、簡単に行うことが出来るのがメリットのはずです。

しかし、少額訴訟だとしても、そのような方法に慣れているのかという問題をあげることが出来ます。債権回収にもたついて時間がかかってしまうことには大きなデメリットが存在しています。弁護士は、もちろん法律のプロフェッショナルだから、ことを一番スピーディーに進めてくれるはずです。

しかし、少額訴訟を弁護士へ依頼すると費用を支払わなければならないため、メリットばかりではないと考えるかもしれません。しかしここで知っておきたいのは、弁護士に依頼することで、未払い債権の回収の可能性を高めることが出来るということです。

実際に、少額訴訟というものの、訴状の作成、管轄裁判所への提出からはじめる必要がありますし、裁判所から呼び出された期日に裁判所へ出向く必要があります。更に事前聴取、答弁書を受け取ったりもする必要があります。一連の流れを自身でスムーズに行うことが出来れば良いのですが、ほとんどの人たちにそれが出来るのかが疑問です。そのあたりのことをしっかり考えてみましょう。