債権回収が少額という場合、どうすれば良いか判らないという人たちも多くいます。少額債権だから、それ程大きな手間をかけたくないとも考えているのではないでしょうか。そのような人たちにメリットあるものは、少額訴訟であるかもしれません。

少額訴訟とは、面倒くさい手間を省くことが出来、60万円以下の請求に限り裁判所を利用する制度です。あの会社が契約したのに、決まった月額20万円の費用を返さないという場合など、是非少額訴訟を利用してみましょう。

なぜ、このような制度が存在しているのかといえば、やっぱり、通常の裁判では、時間も費用もかかってしまうから、少額では割が合わないと感じてしまうからです。少額訴訟とは、簡単に出来て、費用を抑えることが出来る方法です。

しかし、実際に少額訴訟をするにしても、弁護士や司法書士を通すべきと考えている人たちがいます。ただしそうではなく、少額訴訟は、弁護士抜きでご自身ですることも出来る方法です。

少額訴訟にかかる費用はといえば、実際には安いというものの¥5,000~¥10,000程度のお金がかかることになります。まず裁判には印紙代が必要となり、請求金額に応じて変わって来ます。郵便切手代も必要となりおおよそ¥4,000前後です。

しかし、少額訴訟でも支払いをしないという場合があり、お金を回収するためには、強制執行(差し押さえ)が必要となり、印紙代¥4,000かかり、郵券(郵便切手代)が、¥3,000~¥4,000かかることになります。

更にお話しを続けましょう。